パチンコ・スロット オールスター25グループ

  • ●2017-11-22 Update
    「XFILEを更新シタ。今回はこの機種ダ!」

11月25日に総社店が新台入替としてG1優駿倶楽部を増台シタ。それに合わせてG1の面白さを今一度分かって欲しいワレワレの願いを込めて台に備え付けてある機種情報を更新してイル。G1が新台で入らない倉敷、真庭にもG1は設置中なので全店合わせて更新ダ。

ぜひ、G1の機種情報を見てこの機種の面白さを楽しんで欲シイ。

【G1優駿倶楽部特集記事はコチラから】

●2017-11-22 18:49 Update
新着情報

『販売台数25000台』

スロット市場は11月に入りついに5.9号機時代に突入シタ。メーカーに新台販売は振るわず今月に販売される機種は一般的な機種で言うとパルサーと戦コレ3が主ダロウ。今後の販売スケジュールを見てみると12月にブラックラグーン3、ゴッドイーター2などのART機が登場する予定だ。

そんな機種の中でワレワレが懸念している機種がある。どの機種も10000台に満たない販売台数なのにもかかわらず、Aタイプで25000台の販売を予定している『魔法少女まどか☆マギカA』ダ。

Aタイプと言うカテゴリーは実に面白いが今回のまどマギの様に前作の演出を引用したAタイプは過去にもいくつか存在している。例えばサミーの偽物語や北斗の拳将、直近では戦国乙女のAタイプがあったが乙女に関しては現在では3000台しか販売されていない。

ちなみに25000台と言う数字はポセイドンに近い数字ダ。まぁ確かにポセイドンはちょっとアレだったが、新台として登場したポセイドンの注目度とAタイプで演出引用のまどマギAとでは少しばかり立ち位置が違う気がしてならない。

そして最後に機械割り。高設定では非常に優れた数字で敏腕スロッターにも納得の出玉性能を兼ね備えている機種なのは良く分かる。しかしながら一般ユーザーにはボーナスフラグの多さと演出の多さが足かせになり、ボーナス確定画面まで遠い仕様にどこまで機械割りが影響するかが、ワレワレの一番の懸念材料ダ。

まどマギは面白い。それはAタイプになっても変わらないダロウ。この25000台×まどマギAと言う組み合わせがどれほどのポテンシャルなのか要注目ダ。