パチンコ・スロット オールスター25グループ

  • ●2018-06-07 Update
    「ドキュメント72時間」

NHKの人気番組『ドキュメント72』で宮城県石巻周辺のパチンコ店密集エリアに密着してイル。普段パチンコに関わることがある方はもちろん、パチンコを打たない人もぜひ見て欲しい。

パチンコ店に行く人たちのリアルが垣間見えるかもシレナイ。

放送は6月8日22:45となってイル。

●2018-03-06 15:54 Update
新着情報

3/6『CRフィーバー革命機ヴァルヴレイブ』

3/5より全国で導入が開始された革命機ヴァルヴレイブ。現在好評稼働中のシンフォギアと同じメーカーSANKYOから販売された。

どうもこのヴァルヴレイブはワレワレが知っている普通のパチンコとは違い、ちょっと変則スペックとなっているヨウダ。

ウチのゴシップオフィサーが細かく解説しているので打とうか悩んでいる時はぜひ参考にして欲しい。興味がある方はご覧アレ。

CRフィーバー革命機ヴァルヴレイヴを打つ前に』はコチラ

 

3/3『マジカルハロウィン6』

みんな大好き?マジカルハロウィンの最新機種情報をキャッチした。前回の「マジハロ5」は「マジハロ2」の様なA+ART機として愛されている機種ダ。今回の6は5.9号機となる為、有利区間などの縛りを受けたA+ART機とナル。

しかしながらKPEは6号機の規制緩和が検討されているこの時期に5.9号機のマジハロ6の開発に本腰を入れてしまった為、なんともタイミングの悪いマジハロ6が市場に出る事となる。唯一安心できる点は、マジハロと言う機種が元々1撃性の置きにくいマイルドな機種が多いという点ダロウ。もしかしたら1500Gの有利区間で縛られたARTでもそれなりに楽しめるのではないダロウカ。

ストーリー的には学園色の濃いストーリーが垣間見える。所々評判の悪い3Dキャラが見られるが、パチスロ発のコンテンツがここまでアニメーションに力を入れている会社も珍しいダロウ。枠も戦コレ3の様な全面液晶型のスロットではなく、マジハロ5と同系統の旧枠となりそうダ

そしてKPEの面白い所はそのコンテンツ愛だとワレワレは思ウ。

公式サイトを覗いてみるとマジハロに関しての質問に回答していくブログが作られてあり、週に1度更新されているが情報量が半端ではナイ。マジハロ6の有利区間の内容もメーカーが分かりやすく回答してくれており、こんなにもマジハロ愛に満ち溢れたメーカーが他にあるだろうか?とワレワレは思ウ。『マジハロ5公式ブログはコチラ』

 

マジハロ6のティザーPVも公開され、まもなく情報が開示されるらしいので気になったら公式HPをチェックして欲シイ。

KPE公式HPはコチラ

 

 

3/2『ドリームクルーン500』

オーイズミから面白い台が登場スル。その名もドリームクルーン500。コレだけ聞くと大当たり時に500玉ほど出るパチンコなのだろうかと思うが、実はコレ、スロット機なのダ。

液晶上ではクルーンのVに入れば必ず500枚以上の出玉が差枚で払い出される事からその名前がつけられたと思われる。

液晶の演出はあくまでただの演出ダ。実際は普通のスロットと変わらず、引いた役に応じて特賞を抽選してイル。中身は5.9号機のA+ARTなので純増はボーナス込みの2.0枚となる。

初当たりは非常に重く全設定共通の1/489となるが、1日遊技した時に2000枚を突破する確率が75%あるとされているだけに、一撃性にも期待が出来る。

このドリームクルーンは3月中旬ほどに導入が予定され、その台数は全国で2000台とかなりレアな部類に入る。どこかのホールで見かけたらぜひ挑戦してみて欲しい。

 

 

2/26『高額紙幣廃止論』

近年経済情報を少しばかりざわつかせた事がある。それが日本銀行券最高額の1万円札の廃止ダ。米ハーバード大学の教授が日本に向けて5~7年かけて1万円と5000円札の廃止を提案した事が口火とされてイル。

現在の福沢諭吉が採用された1万円札は登場からすでに33年が経過し、聖徳太子が表面に描かれた物から数えると60年が経過しようとしているこの紙幣が無くなる日が近いかも知れない。

と、言うのも世界的に高額紙幣の廃止の第一の目的は資産隠し等の脱税防止が含まれている。これが日本で実現すればワレワレ達の日常は電子決済が主となるダロウ。

町中いたる所にあるコンビニにはATMが置かれ、紙幣と常に近い距離を保ち続けて来た日本人にはピンと来ないかも知れないが、お隣中国では既に電子決済が爆発的に進んでいる。その背景には日本とは違い国土も人口も桁違いに大きいからに他ならない。そんな中国にはATMのインフラを整えるよりもキャッシュレスの方が国民性に合致しているからだと言えるダロウ。

さて、そうなってくるとワレワレ達パチンコユーザーも多少なりとも関係がありそうだ。毎回1000円札を入れる煩わしさが増え、ユーザーの心理にも今とは違った行動が見えてくるかも知れない。台間貸機(サンド)も電子決済が可能になる可能性があるが、依存問題も抱えている為一筋縄では行かないダロウ。高額紙幣廃止はパチンコ業界にはちょっぴり向かい風となりそうな予感がスル。

 

 

2/22『パチンコ規制とは?』

2018年2月。NHKでパチンコ規制についての放送がされた後、ユーザーから問い合わせがあるほどの注目度を集めているパチンコ規制。以前より1/400以下スペックはすでに規制され1/320以下、確率変動も65%以下となったのは記憶に新シイ。

今回の規制で特に印象的だったのは1回の大当たりの払い出し個数上限が2400→1500へ引き下げられたことだろう。払い出し個数となるので実際に大当たり中に打ち出した玉を引いた数が獲得玉数(差玉)と言う事にナル。

実はこの新しい規制だけ見ると2018年2月1日より保通協(パチンコパチスロの型式試験を主業務とする国家公安委員会指定試験機関)へ持ち込まれた機械が対象となるので現在ホールに設置されている機種は関係のない話と言える。

 

ただし・・・

 

遊技機には寿命があり、そこには『検定』と『認定』という撤去へのカウントダウンが存在スル。検定とは保通協の検査で現在の規制に沿って『射幸心を著しくそそる恐れのない型式』と言うことが認められた場合の事を指す。そして検定の有効期限は公示の日から3年間とされてイル。

認定とは現在設置中の遊技機が現在の規則で定める『著しく射幸心をそそる恐れのある遊技機の基準』に該当しない場合に、遊技機のカウントダウンを3年延長する制度ダ。認定の有効期限は認定を受けた日から3年となってイル。

 

例えば、現在全国で高稼働中のCRF戦姫絶唱シンフォギアを例に挙げてみよう。

シンフォギア 検定 と検索すると出てくる情報には検定日は2017/06/23とある。(各都道府県の公安委員会により誤差あり)

先ほど説明した通り検定の有効期限は公示の日より3年間、つまり検定が切れるのは2020/06/22となり、現在の2018年から考えると2年以上はホールに設置してよいとなる。しかしながら今現在からの申請は『著しく射幸心をそそる恐れのある遊技機の基準』に該当する事になるので認定は取れないと考えらレル。前倒しで認定を取る事は可能ではあったが、今現在となっては認定が取れるすべはナイ。

シンフォギアは時短7回転の大当たり確率が約64%となっており、当時の検定を通過する事が出来たといわれている。実際は7回転目の変動中の保留4個分合わせて11回転を抽選しているので約80%の夢のあるスペックを実現している。

シンフォギアの魅力と遊技機の裏の事情には密接な関係があると言う事だな。

今後の新台の登場がどうなっていくのか、注目ダ。

 

 

『CR偽物語』

皆大好き物語シリーズの最新機種が間もなく登場しそうダ。

火憐と月日がメインになっている『偽物語』がパチンコで登場とナル。

偽物語と言うとパチスロでは解呪の儀を化物語に似せるべく奮闘した結果、少しばかり楽しくないシステムとなってしまったのは残念に感じていた。

ワレワレが聞いた情報では299Ver.と199Ver.があり、どちらもオーソドックスなSTではないかと聞いている。電サポ100との事なのでST中の大当たり確率もおよそ1/100に近い数字と考えられる。

偽物語は物語シリーズの中でも人気が高いので、前回のCR化物語では盛り上がらなかったパチンコ物語シリーズを挽回して欲シイ。

偽物語公式PVはこちらから

 

 

『CR天龍∞』

これまたなんと。賭博黙示録カ○ジの世界感を彷彿とさせる機種がこの1月に登場してイル。

その名も『CR天龍∞』

液晶は一切無く、回転する爪と3つのクルーンで形成される。これはまさにリアル沼!?

実際には1/3のクルーンを3つ突破したら大当たりダ。払い出し数も約7000個とあることからも簡単には突破できそうにないが、この様な個性の強いパチンコ機が出てくれるのはとても楽シイ。今後もこの様なパチンコ機が出てくる情報もあることから楽しみで仕方がナイゾ!

CR天龍∞については再販、増台が見込まれることから目にする機会は多くなりそうダ!

『CR天龍∞』解説動画はこちら

 

 

 

 『CRうしおととら』

さて、パチスロ規制真っ只中でどうも5.9号機が盛り上がらない今日この頃ダ。やはり主役は旧基準機やAタイプになり、スロットの今後が少しばかり不安視されてイル。そんな中盛り上がりを見せているのがパチンコだ。今後もバジリスクなどの超有名コンテンツも登場する事から目が離せナイ。

今回は1月22日に導入されたCRうしおととらをピックアップしてみよう。

まずはその特徴的な初当りメインルートだ。本機の初当り抽選は、液晶演出と役物を使用した2段階の抽選となっていて・・・

① まずはヘソに玉を入れて約1/79.9の「最終決戦チャレンジ」を目指ス。
② 液晶に最終決戦図柄が停止すれば「最終決戦チャレンジ」へ突入ダ。
③ 液晶手前の役物に放たれた玉がV入賞すれば大当り。(V入賞確率 約1/4)

※ ③でV入賞しなかった場合は①からやり直し。
※ ヘソでの大当り直撃(約1/319)もあるが、96%が2R時短ナシ。

そして大当りが確定しても気が休まらないのがCRうしおととら。V入賞の大当り振り分けによってその後の展開に大きな差がアルゾ。

まず振り分け49.5%のレギュラーボーナスが当たった場合は、10R時短なし。そして残りの振り分け50.5%は「うしおととらボーナス」。実質2回1セットの大当りとなり、10R+15Rで合計2,700個の払い出し獲得とナル。

大当り消化後は1回転限定の連チャンゾーン「うしとらZONE極」へ突入。以後は継続率51%、1セットが15R+15Rとなり、合計3,240個の払い出しが1G連で連チャンする仕様となってイルゾ。

「最終決戦チャレンジ」の役物は、CR天下一閃で搭載された今世紀最高の役物との呼び声も高い一品ダナ。

3240個が51%ループする。コレこそが天下一閃とは違うところダロウ。

公式HPでも分かりやすい動画をアップしてくれている。興味が合ったら観ておいてクレ。

『極閃ぱちんこCRうしおととら』機種解説

 

 

【ワレワレのパチスロ講座】リプレイ図柄の秘密

今回から勝手に始めたワレワレがお送りするパチンコ・パチスロ講座ダ。

第1弾はスロッターにはお馴染み『リプレイ』。まずはその歴史から触れてイコウ。

リプレイとは検定規則上「再遊技」と呼ばれ4号機よりリール上に登場するようにナッタ。今の時代にも数々の規制があるが3号機もまた、1分間におおむね400円の遊技料金を超える数のメダルを使用する遊技機は著しく射幸心をそそる遊技機としてパチンコ店への設置が出来なくなってイル。つまりリプレイでコイン持ちを良くして長く遊技出来る様に規制された機械が4号機だったと言うわけダ。

一般的には青い丸の様な形がリプレイの象徴となっているが、現在では数々のリプレイ図柄がある様ダ。その傾向は旧基準機のAT機やART機によく見受けられる。

しかしながらリプレイについてはユーモアタップリなメーカーもある。リプレイとは言えここまで楽しく考えてくれるメーカーも面白いではナイカ。

次回があるか分からないが、今回はここまで。またお会いシヨウ。

 

12.19「XFILEを更新シタ。今回はこの機種ダ」

11月25日に総社店が新台入替としてG1優駿倶楽部を増台シタ。それに合わせてG1の面白さを今一度分かって欲しいワレワレの願いを込めて台に備え付けてある機種情報を更新してイル。G1が新台で入らない倉敷、真庭にもG1は設置中なので全店合わせて更新ダ。

ぜひ、G1の機種情報を見てこの機種の面白さを楽しんで欲シイ。

【Xファイルはこちらから】

 

 

11.22『販売台数25000台』

スロット市場は11月に入りついに5.9号機時代に突入シタ。メーカーに新台販売は振るわず今月に販売される機種は一般的な機種で言うとパルサーと戦コレ3が主ダロウ。今後の販売スケジュールを見てみると12月にブラックラグーン3、ゴッドイーター2などのART機が登場する予定だ。

そんな機種の中でワレワレが懸念している機種がある。どの機種も10000台に満たない販売台数なのにもかかわらず、Aタイプで25000台の販売を予定している『魔法少女まどか☆マギカA』ダ。

Aタイプと言うカテゴリーは実に面白いが今回のまどマギの様に前作の演出を引用したAタイプは過去にもいくつか存在している。例えばサミーの偽物語や北斗の拳将、直近では戦国乙女のAタイプがあったが乙女に関しては現在では3000台しか販売されていない。

ちなみに25000台と言う数字はポセイドンに近い数字ダ。まぁ確かにポセイドンはちょっとアレだったが、新台として登場したポセイドンの注目度とAタイプで演出引用のまどマギAとでは少しばかり立ち位置が違う気がしてならない。

そして最後に機械割り。高設定では非常に優れた数字で敏腕スロッターにも納得の出玉性能を兼ね備えている機種なのは良く分かる。しかしながら一般ユーザーにはボーナスフラグの多さと演出の多さが足かせになり、ボーナス確定画面まで遠い仕様にどこまで機械割りが影響するかが、ワレワレの一番の懸念材料ダ。

まどマギは面白い。それはAタイプになっても変わらないダロウ。この25000台×まどマギAと言う組み合わせがどれほどのポテンシャルなのか要注目ダ。